TOPページ
企業情報
事業紹介
採用情報
ニュース
お問い合わせ
個人情報保護方針
クッキーポリシー

Voice of seniors 先輩の声

2019年入社

昔ながらの職人気質の風土はなく、
さまざまな現場で多くの親方から学べます。

第一営業部 大工

宮下翔人さん

入社のきっかけは?

大工をしている父の姿を見て育ったこと、そして昔から“ものづくり”が好きだったこともあり、将来は大工になりたいと思っていました。そこで技術専門校で大工の知識や技能を学び、社員大工として入社しました。現在は新築や増築、リフォームの施工を手がけています。まだ勉強中の身なので各現場の親方に就いて技術を学んでいますが、お客様が何十年と住む家なので、一つひとつの仕事に責任をもって取り組んでいます。最近は大きな公共施設でも木造が増えており、忙しい中で関わる大工も多いので、チームワークを考えながら周囲の動きにも気を配っています。

仕事のやりがいを教えてください。

責任を伴う仕事ですが、自分の手がけた施工が何十年とかたちに残り、お施主様にとって大切な家となる事にやりがいを感じます。大小を問わず建物が完成した時は達成感を覚えます。また、最近は任される仕事の範囲も広くなり、入社当時では考えられなかったような施工もひとりで任されるようになりました。成長を実感していますし、実際に自分が担当した施工をお施主様が喜んでくれるのも嬉しいものです。

都築木材ならではのユニークな企業文化は?

第一営業部という営業の部署に大工という職人が所属しているのがユニークだと感じます。また、入社前は気が強い昔ながらの職人が多いと想像していましたが、実際は少なく、見て覚えろという風潮もありません。分からない事は聞けば教えてもらえます。そうした中で、一般的な工務店の大工であればひとりの親方に就いて学びますが、都築木材は現場ごとに違う親方のもと、多様な技術や方法を覚えることができ、よいところを盗めるのが魅力です。

就職活動中の皆様へのメッセージをお願いします。

今は職人不足で大工の需要が高まっている時代。さらに10~20年後には引退する大工が増え、より需要が増すと考えられています。そんな世の中で手に職をつけることは強みになりますし、さまざまな場所で活躍もできます。また、都築木材では新築から増築、リフォーム、公共物件と幅広い仕事に携われるので、より自分の技術を高められます。職人と聞くとハードルが高いと感じるかもしれませんが、昔ほど怖い大工はいませんし、すぐに教えてもらえる環境です。ぜひ身構えずに飛び込んでください。都築木材の仲間として、一緒に大工の仕事を盛り上げていきましょう!

先輩の声一覧