TOPページ
企業情報
事業紹介
採用情報
ニュース
お問い合わせ
個人情報保護方針
クッキーポリシー

Voice of seniors 先輩の声

2016年入社

チームで繋ぐ、お客様との信頼関係を大切に。
海外営業で活躍する事が目標。

第二営業部

中村優真さん

入社のきっかけは?

東京の大学に進学し、地元の伊那市での就職を考えるなかで、定年まで勤められる安定経営の企業を調べました。都築木材は、長い歴史の中で常に黒字経営を続け、海外とのやりとりを通じて輸入木材の販売をも行っているところに惹かれ、第二営業部を希望して入社しました。

どんな仕事をしていますか?

入社後は住宅部材工場で働いて現場を学び、数週間前に念願の第二営業部に異動になったばかりです。今は先輩社員に教わりながら、海外の輸入業務の伝票処理を中心に基礎から仕事を覚えています。心がけているのはミスの無いようにする事。扱っている金額が大きい為、一つのミスが大きな損失に繋がってしまう事から、細心の注意を払って取り組んでいます。また、先輩から「お客様との信頼関係を築いて仕組みをつくれば、一人で大きな仕事をしなくても、それを受け継ぐ次の人が成果を上げてくれる。その積み重ねがあって今の当社がある」と言われた言葉も大切に仕事に励んでいます。

都築木材ならではのユニークな企業文化は?

企業文化ではありませんが、最も驚いたのは都築寛明社長です。社長というと硬いイメージがありましたが、若手社員でも近い距離感で接する事ができ、私が工場で働いていた頃も皆に声をかけている姿を何度も見かけました。そうした声かけが社員のやる気にも繋がりますし、困ったことがあればすぐに社長に相談ができるのも、当社の特徴的な文化です。

今後の目標や挑戦したいことを教えてください。

目標は海外営業で実績を積み重ね、会社に貢献する事です。その為には、英語力もつけなければいけません。まずは聞き取りが出来るよう、今は毎日リスニングをしています。実際に営業に出たら、いくつも試練があると思いますが、乗り越えてきた先輩方を見習って、基本を忘れず、多面的に物事を見る力をつけていきたいです。

先輩の声一覧