TOPページ
企業情報
事業紹介
採用情報
ニュース
お問い合わせ
個人情報保護方針
クッキーポリシー

Voice of seniors 先輩の声

2015年入社

エンドユーザーにダイレクトに設計やデザインを提案でき、
よりよい家づくりを実現できる環境に感謝しています。

第一営業部 / MADOショップ伊那中央店

二級建築士・木造建築士

松尾 沙紀さん

どんな仕事をしていますか?

住宅関係を手がける第一営業部の中で、私が担当しているMADOショップは窓のリフォームをメインとする部署です。一般住宅の小工事から全リフォームといった大工事まで行い、見積もりから施工管理まで担当しています。一番意識しているのは、お施主様とのコミュニケーションです。仲良くなって和気あいあいと色々な話をする中で、お施主様が求めているものを読み取り、しっかりと理解し、提案するようにしています。

入社のきっかけは?

京都にある建築の専門学校に進学して在学中に二級建築士資格を取得し、地元に戻って伊那市で大型商業施設などを手がける建設会社に就職しました。約3年半働くなかで現場代理人として長い工期の現場を担当してきました。しかし、家づくりを考える一般のお客様、エンドユーザーに対して直接、色や間取りといった設計とデザインを総合的に提案したいという思いが芽生え、転職したのが都築木材です。
第一営業部では唯一の女性営業社員でもありますが、周囲は気さくな人ばかりで話しやすく、居心地の悪さは全くありません。先輩・後輩の関係もありますが、相談がしやすい明るい職場で安心して働けています。

仕事で大切にしていることは?

施工の際、安全管理はもちろんですが、工程管理が重要です。天候に左右される現場もあるため、天気も考慮しながら現場がスムーズに進むよう職人さんを手配しています。そして、リフォームはお施主様が住みながら行うので、いかに短期間で仕上げるかが大切です。現場は5~6件が同時進行する場合もあり、移動だけで時間がかかるため、脳内で進捗の予定と材料や職人さんの手配を組み立てて動いています。時には工程管理の夢を見るほど神経をすり減らして仕事をしていますが、その分、終わった時の達成感は大きなものがあります。

仕事のやりがいを教えてください。

施工途中でも、気になった点はお施主様にアドバイスをし、お互いに納得がいくものを造ろうと心がけています。そのため、工事後にお施主様から「あなたに頼んでよかった」と言っていただけた時は一番のやりがいを感じます。特に思い入れがあるのが、薪ストーブの導入を希望されたお客様の住宅です。使い勝手がよくなると考えて土間サロンを提案し、炉壁を300×600角のタイル仕上げにして間接照明も設置したところ、雰囲気のよいリビングになりました。このように、せっかくリフォームをするならガラっと雰囲気を変えたほうが、費用をかけた甲斐があったと感じていただけると考え、リビングのデザインや玄関のアプローチなどを勉強し、お施主様にご提案しています。
また、もともとやりたかったエンドユーザーへのプラン提案や、カラーコーディネートまで含めた仕事を任せてもらっている事自体にやりがいを感じています。

都築木材ならではのユニークな企業文化は?

社内でボランティア活動に取り組んでいるのがユニークです。初めて参加した時に、地域の高齢者施設で利用者とレクリエーションをしたり、窓のサッシや建具の掃除をしましたが、地域貢献を考えている会社なのだと実感しました。また、社員旅行では東京の支店だけでなく海外拠点も含めて一堂に会し、ワイワイと楽しめる雰囲気の良さも当社の魅力です。仕事面では営業ノルマや命令をされることがなく、心にゆとりをもってのびのび働ける環境のなかで、皆が自分なりに考えて一生懸命に業務に取り組んでおり、チャレンジ精神が湧きやすいのもユニークです。

先輩の声一覧